スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

公然わいせつ罪とは……

JUGEMテーマ:法律


今日、公民の授業で草なぎくんの《公然わいせつ罪》について触れていたので
何度も言ってうるさいですがにわか法律系志望の私は、個人的に気になって少し調べてみました。
中学生が、自分のレベルで理解出来るまで噛み砕いたものです。
で、せっかく調べたので記事にしておこうかな……という乗りです(´∀`)間違い等多々あると思います。指摘下さると嬉しいですが、面倒ならスルーされても結構ですので☆


刑法174条《公然わいせつ罪》は、一般に「善良な性風俗」を保護法益とする犯罪と考えられていて、
“不特定又は多数の人が認識できる状況下で、わいせつな行為をすること”という意味だそうです。

「わいせつ」という言葉は大分抽象的で分かりづらいので、調べてみると
わいせつであるか否かは当然客観的に判断され、規範的構成要件要素となる。本罪の構成要件的故意が認められるには、
「わいせつであることの認識」が必要である。


さて、中学生には聞き覚えのない単語が……(汗)

規範的構成要件要素」を噛み砕くと
規範的……判断・評価の拠るべき基準
構成要件……ある行為を犯罪行為とするために必要な条件
要素……それ以上簡単なものに分析できない成分

→→ なんらかの評価基準を含まざるを得ない(→きちんと基準のない曖昧な評価をしなくてはならない)ある行為を犯罪行為とするために必要な条件の成分


例えば刑法199条《殺人罪》においては
 嵜諭廚箸いΦ丗
◆峪Δ后廚箸い行為
「人の死亡」という結果

の3つの構成要件要素で成り立っていますが、この 銑を客観的構成要件要素という時、
行為者の主観面を問題とする主観的構成要件要素として
ぁ峪Π奸廚箸いΩ琉
も含まれるそうです。



つまるところ要するに、公然わいせつ罪とは、分かりやすく言うと

不特定又は多数の人が認識できる状況下で、
客観的に判断され、きちんと基準のない曖昧な評価をしなくてはならない、ある行為を犯罪行為とするために必要な条件の成分となる、
いたずらに性欲を興奮又は刺激させ、かつ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道徳観念に反した行為をすること。


……となりますね。うぅっ、携帯で打ってると指が痛い……(〇>_<)


草なぎくんの釈放理由は、報道などによってすでに十分の罰を受けているから,逃亡の恐れがないからという感じのものであって
決して《公然わいせつ罪》における罪の重さが下がったわけでも、いわゆる「冤罪」であったわけでもないので
これにあたるということでしょう。

なるほど……確かに。深夜の公園だと、「公然」(=「不特定又は多数の人が認識できる状況下」)にあたるのかが微妙になってきて報道陣の争点となるのも頷けます。


この、法律を簡単に理解していくという作業、地味にかなり楽しかったです(o^∀^o)
まぁ、授業2時間くらい無視して電子辞書にかじりついてましたが……((笑

これからも機会があれば、やってみたいです(^^)v

スポンサーサイト

  • 2012.07.08 Sunday
  • -
  • 02:09
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Counter

現在の閲覧者数

      

New Entries

Twitter

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Profile

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM みんなのブログポータル JUGEM

Page Ranking

Sponsored Links