スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大河「平清盛」

 

なんか突然ですが大河記事……
数週前の保元回でいたく感動して、書いときたいな、と。


一族内分裂、の切なさがしっかり書かれてて嬉しかった…!
一体どこまで史実か分からないですが、
その後の処刑においても、貴族的性格で昇進した平氏、武家肌を貫いた源氏、
それぞれの棟梁。

迫力、心情的機微、とても綿密でした。

映像面では、しいて言えば、御所が火に落ちるシーン。

白河法皇との対面場面がリンクして回想されていましたが、
綺麗にアングルを重ねてほしかったな、というのはありました。
この分かりやすい演出、私は前から好きらしい。


回想つなぎという点では、先々週?がすばらしすぎましたね!
あんな綺麗なのは久々に見ました。

一旦「なんだっけ?」な感じで切っておいて、
頼朝と同じタイミングで視聴者にも回想シーンを見せる形。

ストーリー<<演出・セリフ な私としては、
「義朝あっての清盛で、清盛あっての義朝であった――」(的な)ナレーションで
ポンと回を区切ってほしかったですがww

でもそう思わせるくらい、余韻も十分でした。



なかなかどうして、世間の評判はよろしくないようで。
これはでも、難しすぎるからですよねーwww

わたしは一応、日本史選択の受験生なので大丈夫ですが、毎週家族に解説講義(笑)


たとえば保元前。

この受験生の端くれは「叔父の忠正が敵側につく」という事実のみは
頭に入った上で見ているわけですが、
いきなり見たら、もし2年前なら多分つらい。

そんな感じで続いていく、説明率の低すぎる大河。


音楽の歌詞は、後白河法皇の書いた今様(「梁塵秘抄」のこと?)と
日本史の先生が言っていたのですが、これはどういうことだか(^ω^=^ω^)
年代的矛盾が




あ、時忠は我らが←ごうくんですね!!ごうくん漢字で書くとつよしくんだから困るね!
なんかちっちゃいーかわいいー
チラ映りにがんばって沸いてます。気分はバック担。
エイト見ながら「キクさん映ったー( ゚∀゚)o彡°」←マイブーム←

でも確か、時忠は壇ノ浦の船の上で入水せず震えているヘタレだった記憶があるので←
最終回まで見れるはず!


.

スポンサーサイト

  • 2012.07.08 Sunday
  • -
  • 18:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Counter

現在の閲覧者数

      

New Entries

Twitter

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Profile

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM みんなのブログポータル JUGEM

Page Ranking

Sponsored Links