スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.07.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

冬のサクラ


JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

素敵なドラマでした。
主人公の心がキレイで。映像もキレイで。



ただ、ひとつ違和感を覚えたことを言うなれば、無償の愛が強すぎたかと。
つまり、話が素敵すぎて。
最初からですが、後半は特に、長年連れ添った夫婦のような祐の尽くしっぷりでした。
祐の性格があるので仕方ないのですが、どうも、そこまで深く愛するに至る描写が少なく感じました。
もう少し、そこに現実味が欲しかったです。


とはいえ、このドラマ自体の印象はとても良いです(・∀・)b

高嶋政伸の航一院長……恐かったぁw
あれはあれで、全体の印象と差が激しすぎましたな。
あそこまで濃いキャラにする必要があったのかは謎ですが、視聴者を飽きさせなかった最大の要因でしょう。

ヤマダ電機のくせにw←って友達が言ってた(笑)


で、震災による放送休止の影響で、2話くっつけた最終回。

一気にみんないい人になってしまう、いつもの展開でした。
この不自然さを取り除ける作家さんはスゴいです。大抵のドラマは、脇役は適当に心変わりさせてしまう。


それから、佐藤健くんの肇。
彼は、人間として完璧。惚れちゃうよ。
世渡り上手なわけじゃないし、お兄ちゃんを無条件で受け入れてるわけでもない。
でも、そういう面も含めて、“人間として”完璧な男前でした!

肇に関しては、院長と異母兄弟のような描写がありましたが、お互い察しながらも追及はしない、血の繋がり以上の絆を重んじるシメに納得しました。こういうの、すごい好きな描き方です。


大丈夫。明日は味方だから。春は、必ず来るから。

震災後に書き直したというモノローグが、グッときました。

優しい愛に溢れた主人公。
愛してるって言えなくなって……
静かに、確かに愛してる。
それは、萌奈美も同じだった。

あんなに綺麗な愛に、いつかどこかで出会えるかな?
毎日、東京まで蕾の写真を撮りに行くシーンが、私的には一番の感涙ポイントでした。
素敵すぎるよ。




てことで……
ちょっと今井美樹さんのベストを聴きながら書いてみました(笑)←SMAPでよくないかw

実は、この時間リアルタイムでは『スクール!』観てました。
校長先生の熱すぎる言葉は、どうも恥ずかしかったですけど、泣けるポイントが毎回あって意外な収穫でした。
今どきの小学生ェ...←いや私もまだ高校生ですがw

まぁ本命はツンデレ王者・桐原先せryだなど
ちょっと校長との関係を怪しry目で見てたなど




明日(今日w)は剛くんいいともー!
ラッキーなことに、あさみちゃん見ておりましたv
いーともは、休みの日でも月火(金)しか付けないので←分かりやすい

まだ手に入れとりませんが……縁を結いて
ハピバ記事で感想書きまするー!


それでは(・∀・)



スポンサーサイト

  • 2012.07.08 Sunday
  • -
  • 02:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Counter

現在の閲覧者数

      

New Entries

Twitter

Categories

Archives

Recent Comment

Recent Trackback

Profile

Search

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM みんなのブログポータル JUGEM

Page Ranking

Sponsored Links